セーヌ・エ・マルヌの観光オフィシャル・サイト : ホームに戻る
> ヴォー・ル・ヴィコント城の歴史
検索する
文化遺産
自然、屋外、レジャー
ディズニーランドとテーマパーク
イベントとお出かけ
HOLIDAYS,
WEEK-ENDS, TOURS
  ADMISSION FEES TO MONUMENTS, SHOWS, LEISURES ACTIVITIES
Business Trips
宿泊、レストラン
カルト・トゥーリスティック
移動
"Tourism & Disability" label"
パンフレットをダウンロードする
    CONTACt us
  ホームに戻る

この12世紀の傑作は、ニコラ・フーケにより集められた偉大な才能を持つ3人の芸術家の天分を結集している。その3人とは、建築家ルイ・ル・ヴォー、装飾家シャルル・ル・ブラン、そして造園家アンドレ・ル・ノートルである。1661年8月17日、王室財務長官であったフーケは、この新しいヴォー・ル・ヴィコント城の落成式のため、絢爛たる祝宴を催した。

宮廷貴族達はこの日、祝宴のためにヴォー・ル・ヴィコントに集まったが、その豪華さはルイ14世の怒りを買うことになった。 日が暮れると、花火が打ち上げられた。

後に、ヴォルテールは、この有名な祝宴について、「8月17日の夜6時にフーケは栄光の真只中に立っていたが、夜中2時には命運は尽きていた。」とまとめている。このあまりに豪華すぎる祝宴に、太陽王ルイ14世は王室財務長官フーケの逮捕を決意し、フーケは1680年に没するまで投獄されていた。

しかし、彼らの庇護者であったフーケの失寵は、ル・ブラン、ル・ヴォー、ル・ノートルに新たな展望を開くことになる。彼らは、ルイ14世の新しい宮殿、ヴェルサイユを建設するため、王に雇い入れられる。

ヴォー・ル・ヴィコント城の歴史
ヴォー・ル・ヴィコント城の歴史

1705年、この領地は、ヴィラール元帥に売却され、その後、ショワスル・プラスラン家の手に渡った。ここを訪れると、ニコラ・フーケの運命と相次ぐ城主たちを髣髴させる。
ヴォー・ル・ヴィコント城は、カーヴ、キッチンからドームへ続く骨組みまで、くまなく見学することのできる珍しい城の1つである。ドームに上れば領地全体を見渡すことができる。

ル・ノートルの最初のフランス式庭園と見なされているこの庭園は、刺繍のような花壇、彫像、泉水、洞窟、遠近法を完璧にしている。この庭園の散策は、城の地下の、相互の模型を備えた常設展示の見学により、完全なものとなる。

城の付属建物の中にあるエキパージュ博物館は、(馬などを馬車に繋いだ)連結具などの珍しいコレクションを展示しており、生き生きした演出の中にその歴史を見ることができる。

5月から10月の毎週土曜日と、それに加え、7月8月はさらに毎週金曜日に、キャンドルの夕べが催されている。

この領地は、年間を通して、数多くのイベントで、訪問客を迎えている。

Internet Explorer 7.0 required
 
< 戻る
LinksTourist Boardsプロのスペースサイトの目次法的インフォメーション
Seine et Marne Tourisme - 11 rue Royale - 77300 Fontainebleau - France
Phone: +33(0)1 60 39 60 39 - Fax: +33 (0)1 60 39 60 40 - contact us