セーヌ・エ・マルヌの観光オフィシャル・サイト : ホームに戻る
中世の町 >ブランディ・レ・トゥール城 の歴史
検索する
文化遺産
自然、屋外、レジャー
ディズニーランドとテーマパーク
イベントとお出かけ
HOLIDAYS,
WEEK-ENDS, TOURS
  ADMISSION FEES TO MONUMENTS, SHOWS, LEISURES ACTIVITIES
Business Trips
宿泊、レストラン
カルト・トゥーリスティック
移動
"Tourism & Disability" label"
パンフレットをダウンロードする
    CONTACt us
  ホームに戻る

( 2007 年 9 月まで工事中につき、現在は閉館しています。)

13世紀に建てられた領主の最初の邸宅は不揃いな壁に囲まれた質素な館だった。その後、大がかりな城砦工事が始められ、館を囲むように3本の塔が増築される。居住用の巨大な建物もこの中に建てられた。
14世紀には、城の防御が更に固められる。城の周囲に濠が張りめぐらされ、城壁には跳ね橋のついた新しい門塔が作られた。14世紀後半には、2つの跳ね橋が備わった約39メートルの高さの砲塔が増築され、また、城砦に新しい塔が加えられたことにより、ブランディ城は頑強な砦のある要塞に変身したのである。

ブランディ・レ・トゥール城 の歴史
ブランディ・レ・トゥール城 の歴史

15世紀から17世紀の間は、城砦はその軍事機能を失い、居住を目的とした城となる。これにより、住宅空間が増築された。18世紀初頭、ブランディの土地と城はヴォー・ル・ヴィコント城主ヴィラール元師の手に渡り、城の防壁は取り壊され、農場へと変身する。こうして城砦都市は少しずつその機能を失っていった。

廃墟となった城は、1883年に市当局によって買い取られ、翌年、歴史的建造物に登録された。1970年以降、城はボランティア協会によって最初の修復工事が施され、1992年、城はセーヌ・エ・マルヌ県議会の所有となり、大がかりな修復活動が始められた。

城は現在、工事の最終段階のため閉館されており、それが終わる時、この見事な要塞が県を代表する観光名所のひとつとなることであろう。 



 

Download tours in MP3 format to discover Blandy-les-Tours residential castle

 

Internet Explorer 7.0 required
 
< 戻る
LinksTourist Boardsプロのスペースサイトの目次法的インフォメーション
Seine et Marne Tourisme - 11 rue Royale - 77300 Fontainebleau - France
Phone: +33(0)1 60 39 60 39 - Fax: +33 (0)1 60 39 60 40 - contact us